自己処理は危険? - VIO脱毛って?

VIO脱毛って? > 自己処理は危険?

自己処理は危険?

水着の横からアンダーヘアがはみ出ていた、下着からチクチク飛び出していた。
なんて恥ずかしい経験をした方も、実は多いのではないでしょうか。
人に相談できなかったりして、処理の方法に悩んでしまうのはデリケートな部分ならではですね。
VIOライン脱毛のやり方は大きく分けて二つあります。
簡単に言うと、自分自身で行う方法と自宅以外でプロに任せる方法。

自己処理の代表がカミソリやハサミ、ヒートカッター処理すること。
まずはカミソリでVラインの形を整え、最後にハサミで長さを整えていく方法です。
しかしカミソリ負けや色素沈着などの肌トラブルも多く、何よりも再び生えてきた毛がチクチクするので非常に厄介。
見た目が悪いだけでなく、パートナーがいる方はパートナーへも不快感を与えてしまう可能性があります。

Iラインは特にデリケートなので、カミソリや脱毛クリームの使用は絶対にやめましょう。
傷つけてしまったら、自身での治療は難しく、最悪泌尿器科に通う事になります。
VIOラインの自己処理は、難しい、効果が薄い、リスクが高いなど様々な問題を抱えています。
これらを考えると、プロの力を借りる事が最も良い選択肢と言えるでしょう。
デリケートな部分なだけに、何かトラブルが起きた時も安心ですよね。

自宅外で処理が出来る場所は医療機関とエステサロンの二択。
現在では医療機関の「レーザー脱毛」とエステサロンの「光脱毛」が主流となっています。
両方とも、皮膚にある黒い色(メラニン)にのみ反応する光を当てて、毛根にダメージを与え除毛していく方法です。
全部なくなるの?と心配する方もいると思いますが、相談して形を決める所から始まるのでご安心ください。

詳細はのちに記述していきますが、痛みの少ない光脱毛が人気のようです。
肌トラブルや日々の手入れの億劫さから解放されるので、もっと早くやればよかったと言う声も。
特に光脱毛は数百円で行えるキャンペーンなどもあるので、気軽に試してみる事もできます。
人に言いにくいデリケートな事ですが、意外と気軽で身近なものに思えてきますよね。