やっぱり恥ずかしい? - VIO脱毛って?

VIO脱毛って? > やっぱり恥ずかしい?

やっぱり恥ずかしい?

VIO脱毛を考えているけど、やっぱり恥ずかしいのでためらってしまう方が多いですよね。
デリーケートな部分を開いて、まじまじと見られる事を思うと無理もありません。
しかし、結論から言うと恥ずかしいのは最初だけで、終わってみるとやって良かったとの声が大多数です。
海外では処理をしない方が逆に恥ずかしいと言われているくらいです。
水着や下着で失敗した恥ずかしさ、パートナーに見られる恥ずかしさを天秤にかけてみるとどうでしょうか。

VIO脱毛が完了すれば、水着や下着で失敗する事もなくなり、自己処理が楽になります。
その利点を考えると、少しは抵抗を感じなくなってくるのではないでしょうか。
少しでも抵抗がなくなるように、エステサロンでの気になる施術の様子をご紹介します。

まず初めに、仕上がりのデザインを決める所から始まります。
自分で好きな形を決め、あらかじめ剃っていく事も出来ますし、相談して形を決める事も出来ます。
エステティシャンがペンなどで印をつけ、はみ出た部分をシェーバーで剃ってもらえます。
(あらかじめ自分で剃っていかなくてはならず、剃り残しがあると追加料金がかかる所もあるので注意です。)
紙のショーツを履いているので、多少は恥ずかしさが軽減できます。

施術の体制ですが、Vラインはあおむけになりショーツの隙間から照射していきます。
恥ずかしがって躊躇すると、かえって時間がかかってしまうので、思い切って挑みましょう。
Iラインもあおむけなのは変わりませんが、足をくの字に曲げて照射をします。
Oラインはうつ伏せです。
素早く照射を行ってくれるので、思ったより早く感じるかもしれません。
最後に照射した部分を冷却して保湿剤などを塗り終了です。

やはり最初は誰でも恥ずかしいと抵抗があるようですが、痛み同様に次第に慣れていくという声がほとんどです。
エステティシャンもプロですので、施術に慣れていますし、しっかり配慮もしてくれます。
始めはVラインから初めて、抵抗がなくなればIOラインも試してみてはいかがでしょうか。
いざ終わってみれば、脱毛をしない方が恥ずかしい!なんて強気に思えるかもしれませんね。